買ったけど使っていない電気自転車

近所のスーパーがあまり良くないので、少し離れたスーパーに行くことが多く、荷物が重いのでママチャリを買うことにしました。少し坂道がある地域ですし、買い物すると重くなるので、電動自電車を購入しました。
購入した場所は、その大型スーパーの自転車売り場です。在庫一掃セールがたまにあるので、そのときに少し安くしましたが、8万円ぐらいしました。少し痛い出費ではありますが、少しでも楽になればと購入しました。

しかし、結局使っていません。理由は荷物があまり乗せられないからです。自転車の前かごには思ったより物が入りません。電動なのにで自転車そのものが重く、運転しにくいし、電車の高架下のアンダーパスはいったん降りないといけなくて、思った以上に効率が悪いからです。また。電動の大きな自転車だと、スーパーの狭い駐輪場に入らず、駐輪スペースを探すの時間がかかります。

今では、リュックサックを背負い、片手に手提げを下げて帰ります。その方が多くの荷物をもてます。それで歩く方が楽です。

投稿日:

憧れて始めた自転車ロードレース

現在は全く自転車には縁の無い生活になってしまいましたが、独身時代に6年ほど、自転車ロードレースにどっぷり嵌まっていた時期がありました。
学生時代には、バスケットボールやラグビーなど多くのスポーツを経験し、体力面にはある程度の自信のようなものはありました。その学生の頃にテレビで中継されていた、世界最高峰の自転車ロードレースである「ツール・ド・フランス」のチャンピオンたち、グレッグ・レモンやインディラインに憧れを抱き、20代前半から、自転車ロードレースを始めてみたのです。
ロードレース用の最初の自転車は、近所の自転車屋さんでカタログから選んでセミ・オーダーした物だったのですが、1年も乗っていると、フレームの色を塗り替えたり、パーツを次々と交換するようになりました。
その後は、一人でトレーニングしていても、上達しないし、一緒にトレーニングする仲間も欲しいと思い、市内で活動していた自転車ロードレースのチームに加わるようになりました。ロードレース用の自転車も、完全オーダーのフレームとシステムパーツは
シマノの上級グレードのデュラエースで組むなど、自転車ロードレースにどっぷりと嵌まっていったのです。あの6年間に、自転車にお金をいくら使ったか分かりません。
結局、自転車ロードレースには「ビギナークラス」しか出場出来ませんでしたし、これといった結果も残せないまま、段々と自転車から遠ざかってしまったのです。
現在も自転車やパーツは、実家の部屋に置いたままです。買い取りなどをしてくれるショップもあるようなのですが、なかなか名残惜しくて、未だに手放せないでいるのです。

投稿日:

当選した自転車

先日、郊外の量販店で買い物中、ショッピングクレジットカードを作ると、一等賞品自転車が当たる三角くじの抽選ができることに誘われ、カードを作ることにしました。
どうせ当たらないだろうと思い三角くじを引いて量販店の担当者に渡すと、「本当に一等ってあるんだあ」と言いながら、切って開いた三角くじを見せてくれました。
間違いなく一等賞の文字。
周りのお客さんの羨望の視線を浴びながら、量販店から五キロほどの自宅まで当たった自転車で息を枯らしながらもやっと帰りました。
ところで肝心のショッピングクレジットカードは、審査が通らず、作れませんでした。

当選した自転車は私の足となって休む暇もなく使われていました。
時には10キロ離れた街まで買い物で使ったり、時には最寄りの駅まで通勤に使ったり、自転車はこまめに使っていました。
ある日のこと、最寄りの駅まで通勤に使った時です。
自宅を出発するとき確認しておけばよかったのですが、一か所しか付いていない自転車の鍵が壊れていました。
通勤の電車はもう目の前にやってきました。
私は仕方なく自転車に鍵をかけないまま、電車に飛び乗りました。
帰りに自転車を探しましたがありませんでした。
自転車は盗まれてしまいました。
今振り返ると遅刻してもいいから、鍵のかかっていない自転車を、自宅に運んでおけばよかったと思う
今日この頃です。

投稿日:

都内の自転車移動のススメ

僕はクロスバイクという、ロードバイクとマウンテンバイクの中間のような自転車に乗っているんですが、都内に住んでいると、自転車の便利さを本当に実感します。
電車も十分に便利なんですが、例えば一つか二つ隣駅に行きたい時、わざわざお金をかけて電車に乗る必要なんかありません。自転車で一漕ぎです。ほんの数分。都内の駅間は本当に短いですからね。自転車で余裕で行けることを実感すると、電車代が少しバカらしくなってしまいました。
もっと自転車の優位性を実感したのが、環状に移動するとき。例えば三軒茶屋から笹塚に移動したいときなんか、電車だと、田園都市線で渋谷駅、そこから山手線で新宿駅、そこから京王線でやっと笹塚に到着、てな感じです。自転車なら北に向かって10分ちょっと漕げば到着です。
都内、特に23区内って、路線図だけではなかなか気がつきませんが、自転車に乗ってみると意外とコンパクトなんです。
あそことあそこってこんなに近いんだ~、という発見がたくさんありました。
夏の熱い日なんかは少し辛いですが、良い運動にもなるし、自転車移動は本当にオススメですね~。

投稿日:

身近な自転車だから改善して欲しい

交通手段として自転車はなくてはならないほど身近なものです。しかし、道路を見ても自転車用のものはあまり整備されていないのでとても通りにくさを感じています。歩道は子供か老人以外は基本的には自転車で通行できないことになっていますが現実的には車道には駐車や停車している自動車があったりして自転車が通れないときもあります。そういうときは歩道を通るしかないこともあり、矛盾した状態のままにおかれていると感じます。また交通費をかけないように自転車に乗っているのに目的地に自転車を停めるところがないこともあります。付近は自転車放置禁止地域で撤去されてしまい、撤去先の保管場所に取りに行くと保管料を取られます。目的地付近の自転車置き場は有料だったりします。数十円レベルならまだいいですが数時間利用するとバス代と変わらないようでは何のために自転車で行っているのかわからないときもあります。こうやってみると自転車のための環境というのは整備がまだまだで身近な自転車だから事改善して欲しいと感じています。

投稿日:

女性向けロードバイクを買うときの注意点

最近は弱虫ペダルブームからか、自転車を買うときにどのようなものを買ったらよいか、ということを若い女性の方から頻繁に聞かれます。彼女たちはロードバイクもクロスバイクも乗ったことがなく、ただ好きなキャラクターの使っている自転車が欲しいのでブランドだけは決まっているようです。
乗ってどこに行きたい、輪行してどこを走りたいと、目的をしっかり持っていらっしゃる方もいますが、中にはただ買って持っていたいというコレクション志向の方も(笑)自転車は乗ってみると非常に楽しいので是非使っていただきたいです。
もちろん予算もありますが、一番重要なのはサイズでしょう。最近は女性用の小さ目のフレームを用意しているブランドも多いので、お店でしっかりフィッティングしてもらうのが一番良いのですが、高い自転車を中古で買いたいという場合などは、フレームのサイズとステムの長さは最低限自分の体に合ったものを買いましょう。
一度、オークションで買った自転車が大きすぎて、サドルを一番下まで下げても乗れないのはどうしたらよいかと聞かれたことがありますが、これはもうどうしようもないのでサイズだけは必ず確認してください。
楽しいロードバイクライフを!

投稿日:

初めてのクロスバイクに興奮。しかし…。

昔から自転車が好きでした。乗れるようになったのも早かった覚えがあります。
小さい頃は親に買ってもらった安い自転車に乗っていました。それで満足だったし、もっとカッコイイ自転車がホシイ!なんてねだったこともありませんでした。しかし、いつか自分でお金を稼げるようになったらカッコイイ自転車を買おう!と密かに思っていました。
そして実際購入したのがクロスバイクでした。クロスバイクはスピードの出るロードバイクと、山道なども安定して走行できるマウンテンバイクの良い点をとった自転車。「自転車初心者でも乗りやすいですよ」と自転車屋さんに勧められ、購入してみました。
購入直後はものすごくテンションがあがり、ママチャリとは違うスピード感、乗り心地の良さに興奮し、一日中走っていました。
しかし、私の購入したクロスバイクにはかごがありません。後から付けるのも不可能だと言われました。そのため、買い物に行く時や、仕事に行く時のカバンなどは乗せられません。
今では、一周回って、やっぱママチャリがホシイなって思ってます(笑)

投稿日:

趣味はスポーツ自転車です

私は自転車が好きで数万円の自転車と、十数万円の自転車を 所有しています。毎朝数万円の自転車に乗って通勤しています。10万円の自転車は週末サイクリングに使っています。自転車に何万円もかけるという話をすると、色んな人から 不思議な目で見られますが、私はとても充実した日々を送っています。高級自転車もいいですが、通常の生活ではシティサイクルも 必要です。
高級な自転車はかごがついていないので 買い物に乗って行くのに、不便です。また盗難にあいやすく長時間止めているのはためらわれます。
苦労して手に入れただけあり、かなり愛着を持っています。 フレームをみがいたり、 チェーンに油をさすことはもちろんのこと タイヤがすり減ったら タイヤ交換をし、ブレーキシューがへれば自分でブレーキシューを交換します 。ハブの油が切れた時は 自分でグリスアップもします。 愛情を持って日々メンテナンスをしているので とにかく思いいれが強いです。冬の間、自転車に乗れないと、とても寂しい気持ちでいっぱいです。

投稿日:

自転車好きの友人の話。

先日学生時代からの友人とお茶をしていて、彼氏の話になったんです。
その友人の彼氏の趣味が自転車で、その友人も影響を受けて自転車好きになった
という話を聞きました。

自転車好きの人の選ぶ自転車って、前にかごがないんですよね。
あれって、私からするとすごく不便にしか思えないんですが。

その話を友人にすると
「そうなんだよね~でも便利さよりデザインというか。だから毎日リュックだよ!」
とのこと。なるほど、その手があったかと感心しました。

あと、ああいうメカニックな趣味を持っている人あるあるだと思うんですが
誕生日やクリスマスに「欲しいものない?」って聞くと、自転車の部品を言ってくるそうです(笑)

でも、さすがに恋人たちのラブラブなプレゼントの中身がナット…ねじ…
っていうのはあまりにもロマンスが無さ過ぎますよね!

友人は彼の気持ちも分かるけれど、断固としてそういうものは送らなかったそうです。
同じ女性として、とても共感するなあと思いました。

投稿日:

自転車を利用するメリット

私は春から秋にかけて、近くのスーパーやドラックストアやコンビニで買い物をする時は、自転車に乗って行きます。やはり自転車って物凄く便利な乗り物だと思うんです。自転車があれば、徒歩では行けなかったところへ簡単に行くことが出来るんです。便利な自転車があれば、今まで行ったことが無かった遠い街に行けるので、やっぱり自転車があったほうが良いと思います。自転車は今色々なメーカーから販売されていて、機能もそれぞれですし値段もピンからキリまでありますよね。私は大手ホームセンターで1万円くらいで自転車を買いました。その自転車はスタンダードなデザインになっていて、乗り心地が良いです。自転車があれば色んなところに行けるので、私にとっては無くてはならない乗り物です。自転車は盗まれやすいので、必ず金属で出来てる頑丈なチェーンを付けて置いたほうが良いです。そうしないと自転車が盗まれてしまうんです。なのでいつも気を付けるようにしています(*^_^*)

投稿日: